コッツウォルズの亜麻畑

コッツウォルズの亜麻畑

2019年3月26日火曜日

庭の野生動物を手助けする庭仕事

ワイルドライフ(野生動物)は自然環境を維持していくためにも大切なパートナーと考えられていて、ガーデン雑誌では毎号にさまざまな記事が掲載されています。

The English Garden誌には Nature to Note という連載記事のコーナーがあり、
2月号には「マルハナバチのために蜜のある花を育てよう」という記事や、「今月のワイルドライフの世話」という記事が載っています。

マルハナバチbublebeeはイギリスには25種類ほどがいるそうで、ミツバチより一回り大きく、黒と黄色の縞模様が普通で、春から晩秋までみられます。
彼らには春から夏の終わりまでたくさんの花が必要で、土の中に巣をつくるもの、鼠や鳥の古い巣に巣をつくるものなどさまざまです。かれらは私たちの食べる食料の生産に重要な働きをしているので、花の蜜の多い植物を植えてやるのが大切です。
詳しいことは bumblebeeconservation.org に載っています。


2月のワイルドライフの世話では、

1)春の繁殖の季節のために鳥の巣をかける
 高さ2~4メートルの木の上や壁に設置
 巣の前はじゃまになるものを取り除く
 強い日差しや風を避けるために北東にむけて設置

2)いろいろな種類の生垣を植える
 風をさえぎり、どの季節にも花がさいたり実がついたりするように

3)池をつくる
 水生の野生動物、カエルなどを増やす

4)ハリネズミのために水や餌を置く

等が紹介されています。






<> <> <> <> <> <> <> <> <> <> 

もうすぐ私の庭にもクロマルハナバチがやってきて、さかんに花から花へ飛び回って果樹の受粉などに大活躍してくれます。

鳥の巣を今年も先日塀の上にかけましたが、シジュウカラが気に入ってくれるといいのですが・・





2019年3月22日金曜日

イギリスの一般家庭の今どきの庭造り


雑誌ミスターパートナーの連載記事「ケイティさんのセカンドライフ」
長年住み続けた家を手放して新たな地で人生を歩み始めたケイティ・トッドさんのセカンドライフのお話ですが、その第7回(4月号)に庭造りについての興味深い話があったのでご紹介します。


 彼女はイングランド中部の町からロンドンの近くに引っ越ししたのですが、最初にご主人と相談したのが、イギリスでよく庭に面してつくられているガーデンルーム(サンルーム)を建てるかどうかでした。古くからイギリス人の憧れで人気があるのです。
しかし、引っ越した2018年夏は猛暑で、エアコンのない家の多いイギリスで30度を超える日々は厳しいものだったのです。しかも新しい家は南に面しているため、家はうだるような暑さで、ガーデンルームを建てるという案はおのずと却下となったそうです。
そして、猛暑の夏に学んだことは、絶対に庭のどこかに日陰をつくらなければならないということだったのです。

 引っ越した地域はもともとリンゴの果樹園を開発してつくられた住宅地であることを知り、彼女は庭に果樹をうえて元の果樹園を再現しようと更地の庭に6本の種類のちがった果樹を植えたのです。料理用の品種のブラムリーアップル、生で食べるリンゴ、セイヨウスモモ、プラム、洋ナシ、それにクラブアップル(ジェリーができる)です。

 小さな苗木を植えるには年を取りすぎているので、年齢に見合うように大きめの(樹高の半分ぐらいまで育った)木を植えたそうです。



<> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <>

イギリスも温暖化で夏も暑い日が増えているようで、庭の楽しみかたも否応なく変わってきているのを改めて示す記事でした。


2019年3月11日月曜日

今年もBBCでガーデナーズワールド放送が始まりました

イギリスBBCの人気テレビ園芸番組、ガーデナーズワールドは、毎年10月末で終わって、冬の間はお休みになりますが、2019年も3月になってまた放送が始まりました。
いつもどうり金曜日のプライムタイムで、総合司会のモンティー・ドン氏の自邸の庭、ロングメドーのシーンから始まります。


昨年、モンティーが自邸につくり始めたパラダイスガーデンが今年最初の話題です。
そこで、ダマスクの香りのバラ「マダム・ハーディー」の裸苗を四隅に植え、昨年亡くなった偉大なバラの育種家であるデビッド・オースチンが作出したバラ「ムンステッド・ウッド」の裸苗も植えます。いずれも強い香りをもつバラです。
地植えができない庭には鉢植えのバラとして「ポンポン・ド・ブルゴーニュ」を紹介しています。




故デビッド・オースチン氏



BBCのホームページで番組の一部が公開されいて日本から見られます。このバラの植え方については、ココをクリックするとみられます。


次のコーナーでは、狭い裏庭にすばらしい庭を作り上げたダン・クーパーさんのお庭「ザ・ウォッチ・ハウス」を昨年夏に訪ねた時の様子が紹介されています。



更に、今の時期に種まきをするトウガラシやトマト、ロケットの種まきを彼のシェッドから紹介です。


キャロルはブレッシンガムの冬の庭から、特にコニファーについて紹介します。




この庭の紹介はここで見られます


再びモンティの庭、脚立にのってリンゴの剪定です.




そしていつもの最後のコーナー、「週末に庭仕事」
今週は、
 こぼれ種から育った苗の移植
 ソラマメの種まき
 クレマチスの切り戻し






今年も彼の飼い犬が番組ではたびたび登場しています




2019年3月8日金曜日

ピーターラビットの庭


 園芸雑誌 The English Garden の2月号に、作家の庭としてピーターラビットで有名なビアトリクス・ポターの自邸 ヒルトップが紹介されています.

彼女はいうまでもなく20世紀初頭の絵本の世界的な作家であり、自然保護に大きな貢献をしたことでも有名です。彼女はロンドンのケンジントンで育ちますが、婚約者の死を契機に湖水地方に購入して移住したのがヒルトップという農場です. 彼女の絵本の話の背景など大変興味深い話が、彼女が作り上げたコテージガーデンの写真とともに紹介されています.

ヒルトップのコテージの玄関で

ヒルトップの菜園は当時の面影を残し、インスピレーションの源泉

ポターはオダマキやアイリスなどのコテージガーデンの定番の花を好んでいました

ミツバチの巣や石塀など当時のままに維持されています

ヒルトップは日本からのツアーでもとても人気のある観光スポットでたくさんの日本人が訪れています. 家の外観やインテリアだけでなく、庭もまたじっくり見てみたいものですね.

2018年9月30日日曜日

ヴィーガンのガーデニングは一時の流行か、未来か?

毎月あるテーマで二人の専門家が意見を戦わせる、雑誌ガーデナーズワールドの連載記事'Over the fence'(垣根越し)ですが、10月号のテーマが表題です。「イギリスで盛んになってきたヴィーガニズム(絶対菜食主義)で動物の副産物に未だに頼っているガーデニングはどう代わるか?」という副題がついています。

ヴィーガンは絶対菜食主義の人のことで、食事として動物製品(肉や牛乳などの酪農製品や魚介類など)を摂取しません。そしてその生活様式をヴィーガニズムと呼んでいます。ヴィーガン (vegan) という言葉は1944年にイギリスで作られたそうで、以前からあったベジタリアンよりは新しい言葉です。

ガーデナーズワールド誌は園芸雑誌なのでヴィーガンといってもそのためのガーデニングがテーマです。



「スーパーオーガニックガーデナー:ヴィーガンガーデンのすべて」という本の著者であるマシュー・アップルバイさんは『どうしても絶対菜食主義的に育てるべき3つの理由がある』と言い、次のように述べています・・

「3つの理由とは、酪農は地球にとって良くないこと、動物たち自身にとっても良くないこと、そして動物を食べることやその副産物が我々の健康に良くない可能性があること、の3つです。
 ガーデナーはヴィーガンの食事を支えるために食物を育てることができますし、動物に害を及ぼさずに育てることができます。野生動物や昆虫に優しくないのに多くの人々は自分は優しいと思い込んだりしています。庭のたとえばナメクジなどの動物を殺したくないと思う人は実際のところごく少数です。多くのガーデナーは動物の肥やし(糞)は健康的であると考えていますが、ヒトに有害ないろんな微生物を含んでいることが知られています。
 イギリスには今や60万人のヴィーガンがいて、これは10年前の4倍です。数え切れないほどのヴィーガンのための料理本が出てきていますが、ヴィーガンのためのガーデニングについての本はほとんどありません。
 (途中略)
 あなたが自分が食べるものに気を使うなら、自分が食べる食物がどんなふうに育てられるのかにも感心を持つ必要があります。」


一方、30年以上も有機栽培や不耕起栽培を行っている先駆者でガーデニングの作家でありブロードキャスターでもあるチャールズ・ドウディング氏は、『レッテルや分類はあまり重要ではなく、その内容や文脈を見て役に立つ議論をしよう』と言い、次のように述べています。

「私はヴィーガンではありませんが、食べるもののほとんどは野菜か植物性の食物です。100%のヴィーガンでないのは、たまには健康的に育てられた動物から作られたものも食べてみたいからです。
 私たちが従うべきはその理由や文脈であって、一般化したレッテルではないのです。私はヴィーガニックガーデニング(動物から作られたものを除外することが当然になる)という用語を最近まで聞きいたことがありませんでした。そしてそれはコンポスト(堆肥または培養土の意)と関係があったのです。15年間私は同じ業者のオーガニックの鉢用のコンポストを使ってきましたが、いつもよい結果が得られていました。今年の春、去年の残りの堆肥で育ったものと比較して成長が悪く苗が小さかったので業者に問い合わせたところ、今年は動物のものでなくヴィーガニックなものを試しているとのことでした。十分な栄養分が含まれているのかどうかを明らかにするためにはもっと試験が必要でしょう。
 この話は、以前に話題になったピートを使わないコンポスト運動と似ていると私は思います。きちんとした品質を確認できぬまま市場に出すのを急ぎすぎたのです。
 ヴィーガンがヴィーガニックガーデニングを実践したいと望むのであれば、彼らがうまくやれることを祈りますし、ケージ式養鶏場の鶏糞を使わないことに賛成です。しかし私は近傍の馬の厩舎や牛の放牧場、自家用の鶏舎などからの肥やしは喜んで使います。
 レッテルや分類ではなく、その内容や文脈を見て役に立つ議論をしましょう。」


 <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> 


 ヴィーガンが増加すれば、彼らの食べるものもその信念に沿って育てられることが求められて、ヴィーガニックな栽培が増えていくのかもしれませんね。ちょうど健康志向などでオーガニックに栽培された食べ物にとても人気がでたように。





2018年8月3日金曜日

チャールズ皇太子が訴える英国の木々の危機


イギリスの木々が病害虫の脅威にさらされていることについてチャールズ皇太子殿下がインタビューに答えられ、イギリスのそれぞれのガーデナーが協力できることを話されています。
インタビューしているのはチェルシーフラワーショーで何回も金賞を受賞しているガーデンデザイナーのアダム・フロスト氏です。

雑誌ガーデナーズワールドにそのインタビューの記事が載っています。
その要旨は、

 1980年に初めてハイグローブに来たとき、すでに150本の大きな楡の木が枯れて失われていました。それ以来もともとの風景を取り戻すためにできるだけ植林をしてきました。
 そして数年前にコンウォールで大きな木々のサドンオークデス病菌の問題が発生していることに気づき、病気が発生する前にそれらの木を取り除くつらい決意をしました。そして今や、私の庭園のあるハイグローブでも同じことが特に古いカラマツで発生しています。そしてカラマツだけでなくオークもまた大きな危険にさらされています。
 オークの木のない風景は考えられません。トネリコの木もまた然りです。トネリコもまた枯れる病気にかかっているのです。イギリスはガーデナーの国ですが、人々はこの問題をまだ認識していません。ナーセリーがいち早く検疫に取り組む必要があることがまた問題です。私は適切に検疫しているナーセリーから樹木は購入していますが、そうしているのはまだ少数です。でも緊急に対応するべき問題なのです。
 オーストラリアは私が初めて訪問した1966年にはすでに厳しい規制を実施しており、空港で係員がやってきて我々に薬を噴霧したのです。イギリスは今、森林のすべてが壊滅してしまう恐ろしい可能性に直面しています。イギリスも島国ですから、同じように厳しい規制をすることも可能でしょう。
 アオナガタマムシなどのイモムシやオークの木が突然かれるなど次々に問題が起こっていますから無駄にしている時間はないのです。ヒースロー空港に最近行きましたが、沢山の植物が荷物として持ち込まれています。人々はその危険性に気づいていないようです。
 イギリスのガーデナーに助言したいことは、植物の仕入れ先をナーセリーと話をし、どこから輸入したのかを尋ね、適切にチェックしているのか、生物セキュリティーの方針はどうなっているのかを聞いて欲しいということです。
 鉱山のカナリアは私たちの木々の危機を感知して長い間さえずっていたのに、誰も注意を払いませんでした。全世界からの植物の流入に加え、気候変動も一つの要因だと思います。私たちは自然への複数の脅威に直面しています。私が30年以上にわたり訴えてきたことで、今こそ取り組むべき課題となっています。
 この問題に取り組んでいくにはお金も必要です。ガーデナーの皆さんにもできることがあり、それを知ってほしいのです。将来取り組みが効果をあげて私たちの孫の世代がイギリスの景観を共有できるように望んでいます。







このインタビューの動画がイギリスBBC放送のホームページ(ここをクリック)で見られます。

2018年7月31日火曜日

イギリスも乾燥した暑い夏・・気候変動で変わるガーデニング



今年は乾燥したひどく暑い夏が日本では続いていますが、ヨーロッパやアメリカでも同様のようです。

人気ガーデナーのモンティー・ドン氏は雑誌ガーデナーズワールド誌の連載記事 The Full Monty で7月号に少雨について次のように述べていました。

「この記事を書いている今、私の庭では雨が降っています。今のところは典型的なイギリスの夏です。
 数か月前に私は南アフリカのケープタウンを訪ねました。そこではひどい干ばつのために水がほとんど枯れて、飲み水を運ぶタンカーが極東から水を運んでいました。現代の都市に水がなくなる初めての状況です・・・
 イギリスの東部は雨量が少なく、エセックスのセントオシスでは年間雨量は500ミリです。そして私が住んでいるあたりは年間1000ミリほどです。この差は大きくて、この25年あまりの間にボーダー花壇に水をやったことはほとんどありません。
 年間の雨量も重要ですが、いつどれくらい降るかがまた重要です。ここでは年間約115日雨が降ります。一週間雨が降らないことは少ないです。でも長期間雨が降らなくなったりしたらどうしたらよいでしょうか。水をためる桶や大きなタンクが必要になるでしょう。
 イギリスで生まれて当たり前と思ってきた緑豊かな庭園の代わりに、夏の干ばつでも耐えるような植物を選んで育てないといけないようになるのかも知れません。湿地の植物は難しくなるでしょう。春の球根植物はいいでしょうが、芝生はもうむずかしいでしょう。地面が硬くなるのでマルチングが大切になるでしょう。
 要するに、私たちは庭を美しく保つためには水に賢くなる必要があるのです・・・」



この7月号の記事について、読者からの投稿がたくさん8月号に紹介されています。

エセックスのギャリー・ローズさんは、
「モンティーさんの庭に比べると、私が住んでいる町の降水量はずっと少なくて、最後に雨が降ったのは4月の中旬で、それからすでに11週間ほとんど雨は降っていません。そしてこの4週間は植物を枯らさないために週に一回ホースで水をやっています。
 でも私の努力の甲斐もなく芝生は古いココナッツ製のマットのようになり、花壇の夏の花は枯れてしまっています。」

ヘレフォードシャーのエイドリアン・ジョーンズさんは、
「モンティーさんの所とうちの雨量の違いに驚きました、すぐ近くなのに。去年の夏は雨が降らず、ことしも同じようになりそうです。」

ハンプシャーのパット・ウィーバーさんは、
「モンティーさんの所は雨とのこと、羨ましいです。私の住む南海岸では数週間暑くて乾燥した天候が続いています。必要以上に水はやらず、フルーツと野菜の植木鉢には太陽光発電で動く給水システムを使っています。また家で使った水をできるだけ再利用するようにしています。」

ドーセットのヴァレリー・グリフィンさんは、
「6月はほとんど雨が降りませんでした。水をためる桶を5つ持っていますが、もう全部からっぽです。草花や庭木はたぶん生き残るので心配していませんが、野菜や池が問題です。蛇口からお湯が出だすまでの水をためて野菜の水やりに使っています。」

記事の最後に編集部から、7月号のモンティー氏の記事は5月に書かれていて、モンティー氏の庭でも6月の初めからはイギリスお他の地域と同じく雨がほとんど降っていない、と書かれています。



<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

 イギリスも温暖化の影響か、年々気温が上昇していて、干ばつも発生しやくすくなっているようです。昔は栽培の難しかったブドウも今は南西部で栽培されてワインも作られており、お茶の栽培も始まっているそうです。気候が変わっていけば、庭園も変わっていかざるを得ないだろうと思います。
 日本の夏はすでに熱帯と同じような気候になっており、夏は庭で過ごして楽しむことは事実上不可能ですね。夏のガーデニングにはどうしてもモチベーションが上がらないのが我が家の現状です。(放っておくわけにも行かないので最低限のことはしていますけど・・)

2018年6月23日土曜日

ベス・チャトーさんの追悼記事


昨年、BBCのテレビ番組「ガーデナーズワールド」でインタビューの様子が放送されていたベス チャトーさんが先月、5月13日に亡くなられ、ガーデナーズワールド誌の7月号にその記事が載っています。


アラン・ティッチマーシュさん(園芸テレビ番組の司会でも有名なイギリスのガーデナー)は彼女が亡くなって間もなく次のように語っています・・

「ベス・チャトーさんは私に大きな影響を与え、そして畏敬する友人でもありました。彼女は暖かく、賢く、ウィットに富み、植物について楽しく語り合うのが常でした。彼女は私たちにどこにどんな植物を植えるかということなどを教えてくれました。母なる自然と戦うのではなくて、一緒になって育てていくという姿勢です。」

それぞれの場所にあった植物を育てるという彼女の考えは60年代に確立し、この姿勢は私たちが植物を育てる方法に影響を与え、ガーデナーズワールド誌の内容もそれに従ってきています。エセックスにある彼女の自邸の庭 ベスチャトーガーデン ではそれが実践されていて、訪れる人々は乾燥した場所、ぬかるんだ場所、林の中などで生き続ける植物を見ることができます・・・(中略)

モンティー・ドン(園芸番組人気司会者)さんは次のように語っています・・

「愛された人の死は悲しいが、ベス・チャトーさんはとても長生きされてわれわれ多くの人々の人生を彼女の著作、教授、そして比較するものがないガーデンで豊かにしてくれました。だから、最高に生きたその人生を祝福しましょう」


<><><><><><><><><><><>


園芸雑誌や書籍、テレビ番組などでベス・チャトーさんについては知っていましたが、改めて彼女の偉大さを再確認しました。

ベスチャトーさんについては、こちらにも詳しく紹介してありますので興味のあるかたはご覧下さい。