コッツウォルズの亜麻畑

コッツウォルズの亜麻畑

2017年5月16日火曜日

ビタミンCたっぷりのローズヒップシロップ



 ノッティンガムシャーに住むイギリス人のケイティ・トッドさんが雑誌ミスターパートナーに連載している「突撃!イギリスのごはん」で、野バラの実(ローズヒップ)を使って作るシロップにまつわる話を紹介しています。


ローズヒップと幼少期の母の思い出

「・・鮮やかな緑溢れる春の季節に、その繊細なピンクや白いのバラの花を見ると、なんとも嬉しくなるものです。野バラは木や茂みの中で蔦を絡ませながら広がり生長し、春から初夏にかけて辺りはその素晴らしい香りに包まれます。野バラの花の命は短く、実が成り始めた頃にはもう花は姿を消してしまいます。そして、秋になる頃には一面鮮やかな緋色の実が成ります。それらの実が鳥たちのご馳走となる前に収穫。鳥たちが食べ尽くす前に私も少々この実を分けてもらう、というわけです。私に必要な量はほんの少しで大丈夫。残り全ては鳥たちが冬を越すための食料として残しておきます。
 ローズヒップは他の柔らかな果実のように、それ自体で食べることはできませんが、細かく砕き、砂糖を入れたお湯の中でグツグツ煮ると、絶妙な風味のあるビタミンCたっぷりの美味しいシロップが出来上がります。
 私が子どもの頃、冬の朝、学校に行く前は母親が私と弟たちを並ばせ、大さじ一杯のこのシロップを飲ませてくれたものです。ローズヒップは風邪予防にも素晴らしい効果を発揮するのです。同時に母は私たちの健康のためコッドリバーオイル(タラの肝油)も飲ませていたのですが、私はこれが大の苦手で、ローズヒップシロップの方を飲みたがっていたのは、今では懐かしい記憶です。・・」

野生のローズヒップとローズヒップシロップ


お砂糖とローズヒップ

山野をめぐって食材探し!

「私は年間をとおして四季折々の田舎道を散策するのが大好きです。特に秋の散策はバスケットを持って出かけると、帰りにはバスケットが野生の果物でいっぱいになるという楽しみがあります。また、時にはキノコや栗やヘーゼルナッツなどの木の実を見つけることも。栗を拾ったら、家の暖炉でローストし、ヘーゼルナッツはそのままかじり楽しみます。このように秋の世界は自然の恵みにあふれています。そんな自然の中の宝物を探しに行くために、時には自転車で遠くまで出かけることもあります。・・
 私の散策は時に荒地に向かうことも。目的はその原野に広がる紫色の美しいヒースの花摘みです。ヒースの花は長持ちし、その香りはまるで素晴らしい自然界の中にいるような気持にさせてくれるのです。・・」


 野原の花や果物を利用するというのは、太古の昔から行われてきた自然の恵みをいただく営みですね。我が家でも今の時期はクサイチゴの実を草地から取ってきてヨーグルトに乗せていただいたりしています。


0 件のコメント: