コッツウォルズの亜麻畑

コッツウォルズの亜麻畑

2017年4月20日木曜日

窓辺の野菜栽培が便利でおしゃれ


庭スペースがほとんどなくても、窓辺を使えば野菜も育てられます。4月号のガーデナーズワールド誌では窓辺での野菜栽培について紹介されています。

窓辺を有効に利用して、キッチンのすぐ近くで野菜やハーブを育てれば、とっても便利。
四月は窓辺での栽培を始める適期です。種から育てても、苗を買ってきても良いでしょう。土は普通の培養土で十分ですが、緩効性肥料をやって生育を助けます。同じプランターには同じような条件を好む植物を植えます。コンパニオンプランツ(センチュウ予防のマリゴールドや受粉昆虫を呼ぶナスタチウムなど)を一緒に植えるとその効果だけでなく彩りも加わります。


○チリとハーブ
 チリは実をつけるのにたくさん肥料を必要とします。植えつけるときに緩効性肥料を加えておき、実がつきだしたら毎週カリの多い肥料を与えます。実を収穫することで、さらに実がつくように促します。一緒に植えたネギはアブラムシ避け、オレガノは土の表面を覆ってマルチの役割、ミントも害虫避けになります。
収穫時期:苗を植えて3~5ヶ月

○コールラビとビート
 安価なジョウロをコンテナに使うと面白いです。そこに穴をあけて鉢底石をいれます。
収穫時期:苗から35日

○ニンジンと春ネギ
 ニンジンは長くならない品種がコンテナでは最適、ネギやキクは害虫避けになります。
収穫時期:苗から45日

○レタスとラディッシュ
 苗から数週で育って収穫できます。



窓辺での栽培の成功の秘訣

①古いガーデンテーブルなど使って栽培の場所を広げる。
②育てる野菜によってコンテナを選ぶ:サラダ菜類は土の深さは15cmでも大丈夫だが、トマトやピーマンなどはもっと深い必要あり。

③苗がきたらすぐに植えつけて、毎日水遣り。窓辺だと害虫も見つけやすい。
④トマトは熟したらすぐに収穫、チリは継続的に収穫、など収穫のタイミングや方法に気をつける。


<> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> <> 

我が家でも窓辺にハーブのコンテナを置いて苗を植えつけました。庭のハーブ畑はちょっと使うのには不便ですが、キッチンのすぐ横にあればとっても便利。料理にハーブティーに今年は楽しめそうです。


0 件のコメント: